そういえば、いつの間にかWEBが当たり前になっていた

私は昭和55年生まれの34歳です。
パソコンが普及してきたのも十代の後半でした。

それ以前はワープロや、ポケベルの時代
でした。手紙が好きで、文字を書くのも好きですので凝った便箋など
文房具にも力を入れて購入し、暇さえあれば手紙を認める毎日でした。

そんな私も、変わらざるを得ない時代が到来してきました。
どこもかしこもネットが当たり前で、文房具屋で便箋を買うような人は
良くて風流な人、悪くて時代錯誤な化石人間として扱われます。

次第に私も必要な情報はネットから受け取るようになりましたし、あんなに
好きだった手紙や便箋も趣味の枠から外れて行きました。第一、手紙
を書いたとしても先方から「読むのが面倒だからメールにしてよ」なんて
さらりと言われてしまうのですから、立つ瀬がありません。

半ば諦めていましたが、私の母世代はそんなことないと信じていました。
主人の母が筆まめで、手紙をよくくれる方でしたので私も折々に手紙を
書き綴っては、送らせていただきました。ところが、ある日の手紙に心底
驚きました。手紙はなぜか印字されたもので、文章の最後にメールアドレス
そして、ブログのURLが記されていました。私は目を疑いましたがこれが
現実でした。印字された手紙の最後には、取ってつけたような直筆のサイン。

ハリウッド女優かよ!と思わず口汚く罵りたくなるような衝撃でした。
私は早速、ブログにアクセスしてみました。すると、義母のブログは既に
1年以上前から開設されており、賑やかに友人と交流していました。

あんなに雅な感覚の持ち主だったのにと打ちひしがれながら、メールを
書く事にしました。大変驚いたこと、私は今まで通りの手紙の交流を
したいこと等切々と書き綴りました。しかし返事はあっさりとしたもので
「今はメールの時代よ。もっと未来に生きなきゃつまらないわよ。」と
若さあふれる言葉が書かれており、グサリと私の胸に突き刺さりました。

そうか、義母の世代でもそうなったのか。私は愈々化石化、著しいな・・
自分を変えなくては。そんな風に思い、現在に至ります。
今では私もネットを当たり前のように使いこなす日々です。

そういえば、いつの間にか、WEBが当たり前になっていて、
自分の仕事でもHPを作ろうとしています。
上司が40代後半なので、わたしよりさらにちんぷんかんぷん。
なので、ホームページを製作するこんなサービスだったり、ワードプレスだったり、
いろんなものを試してとりあえず、会社で使えそうなものを選んで、
仕事でも活用するつもりです。

ネットショッピングでのありがちな失敗

こないだ弟が楽天でマンガ買ってて、
「送料無料やで」って言ってたから、
うちは赤川次郎の本を買おうと思って楽天で検索。

いつも光文社のを買ってるから検索したら、
三毛猫ホームズの最新刊が出てたから即購入。

2日後の今日届いたそれは、
いつものサイズじゃなかったー。

今までの小説サイズじゃなくて、
ほら、もう少し縦に長い新書、
あれやった~。

しまったー!

800円で買って、
すぐに読んで、
70円で売って来たー。

またいつものサイズのが出たら買い直すから、
ただの無駄遣いになってもた…。

ネットじゃサイズわからんもんなぁ。

ちゃんとサイズ書いてあったんやろけど、
まさか三毛猫シリーズの新書が存在すると思ってないから迷わず買ったし!

WEBの作成時には、部屋が暑くなるんで。。。

WEBの作成時には、部屋が暑くなるんで。。。クーラーがんがん何です。

クーラー病か風邪かしれないのが流行中で、ついに昨日俺もやられました。
今も病み上がり中です。最初クーラー病かと思っていたけど、次の日から症状が。頭痛い体痛いの。

上司に相談して早退させてもらったけどその時「体調管理に気をつけるように」「明日は必ず来て」
「俺なんか体ぶるぶるきてても作業しなきゃいけないんだから」と苦言を放たれました。
体調管理は基本でしょうが、果たして風邪をひいた状態で会社に来ることはいいのでしょうか?

だって他の社員にうつったらどうする?休めないのはわかるけど。
これ意見分かれそうだなあ。風邪ひいてでもくるってことは前のバイト先でも問題になっていたよ。
それって格好いい行為とか、社会人の義務とかそんなイメージあるけどさ、俺は絶対休んでほしいなあ、うつされたくないもん。

10年、ネットをしていて思うこと

10年前、いやもっとなるかな、PCをあたりだして、いろいろ感じます。
スマホでネットとかもぜんぜんしなかった人が、普通にブログを書いたり、
SNSでいいね!をすげーあつめたり。
時代はどんどん変わるし、自分たちも変わらないとね。

私は現在進行形でネットで知り合った相手と付き合ってるけど恋愛って言うのは結局繁殖するための手段でしかない。
自然界の生物多様性は繁殖戦略の多様性でもあるし、一匹から細胞分裂で繁殖する生物もいれば接合によって繁殖する生物もいるし、
接合する相手の見つけ方でもアットランダムな生物からよ~く吟味する生物までいろいろ。
ネットで知り合った相手と付き合って繁殖する戦略も地球上の生物多様性から見ると一つの生存戦略でしかない。
ネットなんておそらく38億年の生物の歴史に出てこなかっただろうから、
そういうのが登場したら生物がそこに進出して生存戦略として利用するのは何もおかしいことじゃない。

とかまあ、いろいろ思うけど、ネットを通していろいろなものが見えたな、ってのは思いますね。

ダサいHPの作り方